経済的自由への道blog

「収入」「支出」「資産運用」をテーマに経済的自由を目指しているブログです。

長期投資

インド株に投資する方法3選【ETF・投資信託・CFD】

インドの経済発展が期待できる理由 1.人口ボーナス期がこれから迎える。 2、高い経済成長率 3、インドは優秀な人材の宝庫 インド株価指数はSENSEX指数とNifty指数がある SENSEX指数 Nifty指数 国内で取引できるインド株価指数 ETFは実質1種類 NEX…

2019年も総人口減少、日本に投資は賢い選択では無い。

14日総務省が日本の総人口を発表しました。 2019年10月1日時点の推計データは下記の通りです。 総人口:1億2617万7000人 (前年比27万6000人) 生産年齢人口割合:59.5% (前年度59.7%) 高齢者割合:28.4% (前年度…

【長期投資の結論】米国株式インデックスをドル・コスト平均法で積立投資が最適解

長期投資について再度勉強しなおし、何にどのような形で継続していくのが良いのか検討してきました。 今回は長期投資の結論を書いていきます。 1、分散投資は投資ではない! 2、人口が増えれば株価があがるという単純な真実 3、新興国株式は「無し」 4、…

【長期投資】「全世界株式」と「米国株式」を比較しました

投資信託比較 モーニングスターレーティング(総合) シャープレシオ(5年) 標準偏差(σーシグマ(5年)) リスクメジャー(3年) その他の指標 まとめ 長期投資を行う際によく比較される 「全世界株式インデックスファンド」と「米国株式インデックスフ…

【長期投資】人口ボーナス期からみる投資したい国、投資してはいけない国

人口ボーナス期とは? 世界の人口推計 2020年~2050年の人口増減率ベスト5 2020年~2050年人口増減率ワースト5 投資したい国・投資してはいけない国 日本 米国 中華人民共和国 インド 総括 2010年中国の名目GDPが日本を上回りました。…

【長期投資】「新興国株式インデックスファンド」は投資しても良いのか?

世界の人口推計・増加率 人工推計 人口増加率 新興国株式インデックスファンドを買うのが正解? eMAXIS 新興国株式インデックス ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド SBI-SBI・新興国株式インデックス・ファン…

【図解】ドル・コスト平均法の有効な使い方

長期投資を行う上で「時間の分散投資」で有名なドル・コスト平均法。 投資を行っている方ならほとんどの方が知っているのでは無いでしょうか。 今日は「ドル・コスト平均法」の有効な使い方をご紹介させていただきます。 ドル・コスト平均法とは? ドル・コ…

全世界株式インデックスファンド(信託報酬・構成比率で比較)お薦め3選+1

先日、長期投資を行うなら ①全世界 ②新興国 ③米国 が投資対象になる記事を書きました。 【長期投資】日本株より「全世界」「新興国」「アメリカ」をお薦めする理由 - 経済的自由への道blog 今回の記事は一歩踏み込んで『全世界』に投資するならどの商品が良…

【長期投資】日本株より「全世界」「新興国」「アメリカ」をお薦めする理由

投資でお金を稼ぐことの本質 日本株は儲からない 人口が増えれば株価が上がるという単純な真実 日本株で儲けるには「勝ち組」企業を選ぶしかない 日本の人口推移と株価の推移 世界の人口予測 まとめ 投資で負けて、再度勉強している弱小ブロガーです。 まず…